にっころ図書館へようこそ H30年3月号

****************************************************************
今年度の園だよりで職員が紹介する絵本のコーナー
『にっころ図書館へようこそ』WEB出張版です。
子どもに読み聞かせたい、また保護者の方へお勧めしたい本を紹介します。
*****************************************************************

『ダースヴェイダーとルーク(4歳)』(辰巳出版)
ジェフリー・ブラウン 作/とみながあきこ 訳
絵本紹介:3歳児クラス担当保育士(副主任)

銀河系を支配するダースヴェイダーはルークの父親でもありました。
父親としてルークと向き合い育てる中、父親ならではの葛藤や
心温まる不器用なやりとりをお楽しみ下さい。

『りんごがひとつ』(岩崎書店)
ふくだ すぐる 作/絵
絵本紹介:栄養士

ひとつのりんごを巡って猿対動物たちの逃走劇が始まります。
次がどうなるのかページをめくるのが楽しくドキドキします。
そして、最後は「よかった」と思える絵本です。

『ねばらねばなっとう』(ひかりのくに)
林 木林・作/たかお ゆうこ・絵
絵本紹介:1歳児クラス担当保育士

「静かな湖畔」のメロディーに合わせた替え歌絵本です。
実はグリーンピースが混じっていたり、
納豆が転んでいたりとちょっとした絵のおもんでいたりと
ちょっとした絵のおもしろさが見どころです。

『まくらのせんにん さんぽみちの巻』(佼成出版社)
かがくい ひろし 作/絵
絵本紹介:3歳児クラス担当保育士

仙人のまくらさん、そのお供のしきさん、かけさん。
まるで水戸黄門のように3人の掛け合いが繰り広げられ、
人助けをしていくほのぼの癒される絵本です。

『パパ、お月さまとって!』(偕成社)
エリック・カール 作/もり ひさし 訳
絵本紹介:一時保育クラス担当保育士

冒頭に「娘のサースティンへ思い出をこめて」と書かれています。
皆さんにも、お子さんと月の素敵なエピソードはありませんか?
心がほっこりする素敵な絵本です。