H26 伝えたい絵本

絵本は、心の栄養です。今年度の絵本の扉は、職員の好きな絵本を紹介していきたいと思います。
絵本選びの参考にして下さい。

「かちかちやま」(日本傑作絵本シリーズ 福音館書店) 絵本紹介 園長

日本の昔話には、そこから学ぶ良い話がたくさんあります。
残念ながら、最近の絵本は、残酷性の懸念からか、結末までのあらすじを優しい表現でぼかしています。
しかし、子どもに世の中の事案から身を守り、困難を「突破していく力」を大人が教える常は今も昔も同じです。
そのメッセージ性を失わずに「目の前にある場面」を想像力で再現できる昔話の力。
数多い「かちかちやま」の中でも、この絵本はその王道です。
子どもたちに「大切なこと」を伝える時の絵本選びの参考にして下さい。

「しゅくだい」(岩崎書店) 絵本紹介 主任保育士

めえこ先生の今日の宿題は、だっこです。大きくなって照れくさいけど、やっぱり“だっこ”は、嬉しいです。
お家でもだっこの“しゅくだい”をして、大人も子どもも、元気のエネルギーを充電しましょう。